マコトントコについて

 

 

マコトントコは、無垢の木を使ってものづくりをしている

小さな家具工房です。

 

2014年8月にオープンしました。

 

無垢の木とは、木そのもの。

木目が表から裏までつながっていて、

削る断面によって、木目が変わります。

合板や集成材とは違います。

一定ではない、自然の本物の木です。

二つと同じものがありません。

木それぞれ個性があって、魅力的な素材です。

視覚で分かる木目模様、形、色。

手を置くと、中から何か感じます。

コップや皿を置くと、いい音がします。

使い込むほどに、味わいが出ます。

汚れが気になったら、もう一回磨いて仕上げれば、新品です。

だから、ずーっと使えます。

 

マコトントコは、全て自分たちでつくっています。

デザイン、木工、塗装、椅子張り。

全てショップの横の工房でつくっています。

つくるだけが家具屋の仕事ではなく、

木の管理、納品、メンテナンスまで自分たちでやります。

そうすることで商品への思いが強くなり、

いいものづくりへ繋がると思います。

『マコトントコ』の意味は、自分の名前の慎(マコト)からとって、

「慎のところ」という意味です。

「マコト」に、木工らしい「トントコ」という音を合わせた意味もあります。

 

『マコトントコ』を通して、多くの人に無垢の木を使って、味わってもらいたい。

そして、好きになってもらい、無垢の木という素材を楽しんでほしい。

家具を通して、それを伝えていく仕事をしていきたいです。

                              店主  青山 慎

  • Facebookの - ブラックサークル